花粉症と乳酸菌

花粉症には乳酸菌がいいとされてます。

乳酸菌の中には、いわゆるよく耳にすると感じますが、善玉菌と呼ばれるものが入っているのです。

この善玉菌が食べて腸の中に入ることで、腸の粘膜を強化してくれて、便秘の解消や腸が弱い人は体質改善になるという話はよく聞いたことがあると感じます。

それだけではありません。

実は花粉症にもこの乳酸菌が大変効果があるといわれているのです。

なぜ花粉症に乳酸菌がこれほどまでに効果があるといわれているのかというと、腸の粘膜だけでなく体の粘膜自体を強化してくれる効果があることがわかったからです。

花粉症というのはそもそも、目の粘膜や鼻の粘膜に花粉がつくことで、アレルギー症状が起きる病気のことであるのですが、乳酸菌を摂取することで目の粘膜や鼻の粘膜を強化してくれます。

だから花粉症に乳酸菌が良いといわれているんですね。

具体的に乳酸菌を多く含んでいる食べ物というとヨーグルトが知られているのですから、花粉症に悩んでいる人は花粉症対策としてヨーグルトを食べるといいかもしれません。

ピークの時から突然食べ始めても効果はありませんから、少し前からヨーグルトを食べ始めると、ピークの時の花粉症の緩和につながると感じます。
posted by 花粉症本のレビュー・感想・評価 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症解説