花粉症とアロマ

花粉症の症状にはアロマセラピーが効果があるとされてます。

薬で花粉症を改善させたいと思っている人もたくさん存在する中で、薬というのは副作用もあるのですし、一時的に花粉症の症状を抑えることにはつながるかもしれませんが、根本的な改善にはならないと感じます。

そんなときにおすすめなのが、副作用がありませんから安心して花粉症の対策方法として利用できるアロマセラピーであるのです。

アロマセラピーというのは近頃は大変女性に支持されているのですが、エッセンシャルオイルと呼ばれる精油を使って、リラクゼーションをするということに利用されていましたが、これが花粉症にも効果があるといわれているのです。

特に花粉症に効果があるアロマの香りとしては、ティートリーと呼ばれるものや、コアラが食べているユーカリの香り、そしてペパーミントなども花粉症に効果があるのです。

今紹介したオイルは、殺菌効果があるのですし、また鼻づまりや咳が出るといった症状を改善、緩和してくれる効果もあるのであるのです。

それだけでなくアロマの本来のリラクゼーション効果もあるのですから、花粉症によるストレスを解消してくれて、花粉症への抵抗力もアップさせてくれます。

だいたい花粉症のピークから始めるのではなくて、2−3か月前から始めるのが花粉症対策に効果的とされているのです。
posted by 花粉症本のレビュー・感想・評価 at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 花粉症解説