花粉症と秋

花粉症は春にだけかかると思っている人もたくさん存在するのであるのですが、近頃は花粉症は春だけに限らず秋の花粉症もあれば、夏の花粉症もあるのです。

秋の花粉症の原因になっているのは、夏から秋に飛散するといわれているオオブタクサと呼ばれる草や、セイタカアワダチソウなどが原因で花粉症が起きているとされてます。

日本では春の花粉症と言えばスギ花粉が有名であるのですが、実は秋にも花粉症の症状というのはあるのです。

秋の花粉症というのは、意外と夏風を引いたとか、夏から秋の季節の変わり目に引いてしまう風邪だと思われがちなのであるのですが、実は秋の花粉症であるということはよくあることです。

特に秋の花粉症は子供がよく発症するとも言われているのです。

秋の花粉症の原因としてはほかにも、イネやキクなどの花粉も原因になっているとされてます。

秋にくしゃみがどまらなかったり、目がかゆかったり、鼻水が止まらないという時には、それが毎年のように続いているのであれば、秋の花粉症の可能性が強いであるのですから、秋の花粉症でないか血液検査をしたりアレルギー検査を受けてみるといいかもしれませんね。

アレルギー検査をすることで早く改善できるかもしれません。

毎年夏風を引いていると心当たりがある人は秋の花粉症かもしれません。
posted by 花粉症本のレビュー・感想・評価 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症解説