花粉症の原因

花粉症の原因は花粉症という名前の通り、植物の花粉が原因であるのです。

花粉症は花粉が原因で、アレルギー症状が起きるという病気であるのですが、毎年同じ時期にくしゃみをしたり鼻がとまらなかったり目がかゆくてたまらないような症状が花粉症であるのです。

日本でもここ数年花粉症という症状に悩まされている人は増えているのですが、20年30年ほど前までは花粉症ということばはまだありませんでした。

しかし花粉症というのは、実は、古代ローマの時代からあったとされていたんだそうであるのですが、花粉症の原因が植物の花粉だということがわかったのは19世紀に入ってからの話なんだそうであるのです。

そして日本で花粉症という病気の原因が花粉であると認知されるようになったのは、戦後というのですから、まだそれほど原因や症状がわかってからは日が浅いということになります。

花粉症の原因となっている花粉が、鼻の中や目の中に入って粘膜に就いてしまうと、抗体ができますが、この抗体は、決められた細胞にくっつくのであるのですが、炎症を起こしてしまうヒスタミンなどが含まれている物質であるのです。

その中に花粉が入っているとアレルギーの症状を起こします。

アレルギー症状は人にもよりますが、くしゃみや鼻水、目のかゆみやのどの痛みなどを起こす原因になります。
posted by 花粉症本のレビュー・感想・評価 at 04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26873717

この記事へのトラックバック